Blog

 

サイトマップへ

【スタッフこらむ】Short Webinar 5 猫の下部尿路疾患 - 2020年08月03日

『Short Webinar 20分でわかる療法食セミナー 5 〜猫の下部尿路疾患〜』を視聴しました。 
今回のセミナーでは、猫の下部尿路疾患について学びました[2020(R2)0716 14:00~14:20]。

猫の下部尿路疾患 まず下部尿路とは、腎臓や尿道のことで、猫の下部尿路疾患の症
 状には、
 ・血尿
 ・頻尿
 ・排尿困難
 ・不適切な場所での排尿
などがあります。

その内訳で1番多いのは特発性膀胱炎(原因が分からないという意味)です。宅配便で知らない人が来る事や、電話や雷など、突然大きな音が鳴ると猫はストレスを感じるので特発性膀胱炎を起こす原因と言われています。

下部尿路疾患の猫はストレスをケアする成分が含まれているフードを利用していくことが重要になります(下記2点いずれもOK)。また、太り気味の猫は下部尿路疾患になりやすいと言われているので、そのような子には下記右側のフードを選択ということで、当セミナーでは2つの種類のフードが紹介されていました。

尿ケア c/d マルチケア コンフォート
尿ケア c/d マルチケア
コンフォート
メタボリック+ユリナリー コンフォート(体重管理+尿ケア)メタボリック+ユリナリー
コンフォート(体重管理+尿ケア)

今回セミナーを視聴して、猫はストレスが原因で下部尿路疾患になるということが分かったので、病院に来院される子や入院している子たちのストレスがなるべくかからないように心がけていきたいと思いました。K

飼主様に役立つ情報はこちら

ejima_ac at 13:00 コメント( 0 )  この記事をクリップ!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星