Blog

 

サイトマップへ

【スタッフこらむ】Short Webinar 4 犬の尿石症 - 2020年07月12日

『Short Webinar 20分でわかる療法食セミナー 4 ~犬の尿石症~』を視聴しました。 
今回のセミナーでは尿石症について学びました[2020(R2)0710 14:00~14:20]。 

犬の尿石症 犬や猫では下部尿路疾患(膀胱、尿道)での尿石症が多く、尿石の種
 類により、治療に使うフードが異なってくるそうです。




尿石症には原因となる3つの要素(1.濃い尿、2.尿pHの偏り、3.尿石の核となる物質の存在)があり、これらに対する治療を行っていく上で療法食の選択が重要となります。

    犬と猫の下部尿路疾患の原因 / 犬の尿石症の治療と管理方針

ヒルズの尿石症に対する療法食のポイント
 ①ミネラル分を調整 → 尿石の形成を抑制する
 ②クエン酸カルシウムを配合 → 尿石の形成を阻害する
 ③オメガ3脂肪酸を配合 → 膀胱の炎症を抑える
   
    犬の尿石症 管理のまとめ / 療法食の選択

これらの療法食と合わせて、水分をより多く摂ってもらい、定期的な尿検査を行います。水分を摂ってもらうための工夫として、飲水容器の数を増やすことや、飲み水に鶏ささみの茹で汁で作った氷を入れて風味付けをするというものが挙げられており、印象深かったです。
オーナー様がご自宅でチャレンジしやすい方法を考えてお伝えするのも、治療を続けていく上で大切な事だと感じました。HJ

飼主様に役立つ情報はこちら

ejima_ac at 06:00 コメント( 0 )  この記事をクリップ!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星